引越し費用を安くするには?

 

引っ越しを安くするコツは業者問わず、荷物をどれだけ減らせるかがとっても大事だと思います。

 

(見積もり比較も、もちろん重要ですが)

 

引っ越しはカオスの場ですが、殆ど全ては引っ越し業者さんが仕事をしてくださいますから、最初にある程度のコツをつかんで下準備をしておけば、そんなに大変な作業ではありません。

 

引っ越しの前に「捨てるもの」と「捨てない物」を選別します。

 

当たり前の事なのにやっていない方は多いと思います。

 

引越業者で安いのは?ー完全版ー

選別して捨てるものは潔く捨てておくと、引っ越し梱包中などで迷う事がありませんので仕事がスムーズにはかどります。

 

それに意外と捨てるものは多いものです。

 

捨てられないだけ。

 

捨てたり、誰かにあげたり、売りに出すことで、かなりスッキリするはずですし、引っ越し代も少し安くなります。

 

あとはこれも当然といえば当然ですが、梱包済みの箱がどの部屋へ移動するかを書いておくこと。

 

できれば簡単に内容も添えて。

 

うっかり忘れてると中身を開けて確認したりと大変です。

 

他には捨てても良いような古くなった大判のタオルやシーツは必ず残しておきます。

 

引っ越しに何かと便利なんです。

 

拭き掃除にはもちろん、大きな家具などの埃よけに上からかぶせたり、重たい家具を運ぶ時に家具の下にシーツを挟んでおくと移動する時に滑らせながら運べるので比較的力がいりません。

 

滑りながら運ぶグッズなど販売されてますが、これはもともと捨てるものですし不必要なお金を使わずに済みます。

 

見積もり料金を安くしたい

 

引越し料金を安くするのは最初の見積もり段階からガッツリ用意をしておくことと、交渉力が大事だと思います。

 

アーク引越センターとかの、ある程度有名な業者は交渉力の有無で金額が大幅に上下すると思っていいかと。

 

見積もりは同じ日に時間を少しずつずらして来てもらい、他社の金額をぼかして伝えより安くしてもらうように交渉すると、かなり安くなります。

 

東京→神奈川で2人、2階エレベーター有りの1LDKから1階3DKへ12月中旬の引越しで、ネットや電話などの見積もりで8〜10万円でした。

 

その後訪問見積もりを3社にしてもらい、日にちや時間をフリーにし1社が49000円となり仮契約。

 

その後に来た他社にネット見積もりの半額以下になった旨を伝えるとさらに頑張ります!と言われ、洗濯機設置込みで3万円になりました。

 

業者によっては他社の金額を教えてくれるなら訪問見積もりに行きますとまで言うところもありました。

 

基本的に訪問見積もりで安くしてもらったらその場で契約しないと無理だと言われますが、アリさんだと3日待ってもらえたり、一応契約しても電話でキャンセルすることが出来ると今回の引越しで知りました。

 

契約するとダンボールなどの資材をその場で置いていかれる事があり、キャンセルするとそれを送るように言われましたが、改めて契約した一番安い業者に資材を他社に持って行ってくれるなら、、、と言ってみるとあっさり持って行ってくれましたので言ったもん勝ちだなと思います。

 

ワガママすぎるのもよろしくありませんが、ガンガン言いたいことは言った方がいいと思いますよ。

 

更新履歴